ブカブカな帽子には「サイズ調整テープ」が便利。ハットに貼るだけ!失敗しない使い方をご紹介。

2018/10/11

  • 帽子の知識


「帽子を購入したはいいけど、サイズが合わず被りにくい。」とか「以前に購入した帽子、ピッタリだったのに髪形を変えたら(もしくは、髪が減ってきて・・)ブカブカに。」なんてお悩みがある方も多いはずです。

比較的お求めやすい帽子には、内側にサイズ調整用の紐がついているものや、アジャスターがついているという物もありますが、高級といわれるほとんどの帽子にはサイズ調整機能はありません。

サイズが合っていない帽子は、かぶり心地が悪く、グラグラとして見た目にもよくありません。

そんな時、どうしたらよいのか・・。
今回のブログでは、帽子のサイズ調整についてご紹介します。

目次

帽子のサイズ展開について

帽子をかっこよくかぶりこなす第一歩は、自分に合った帽子のサイズを知ることです

帽子のサイズ展開について

帽子のサイズ展開はブランドによって少しずつ異なります。

4サイズ展開をしているブランドは、Sサイズ(内径55cm)、Mサイズ(57cm)、Lサイズ(59cm)、XLサイズ(61cm)と2cm刻みで大きくなるサイズ展開が一般的です。

ブランドによっては、さらに大きいXXLサイズ(63cm)を出しているところもあります。また、サイズが1cm刻みのブランドもあります。

帽子のサイズは、帽体(帽子の頭の入る部分)の木型や金型の形で決まります。各ブランドごと使用している型が異なる為、サイズが大きめなブランド、小さめなブランド、内側(かぶる部分)の形が前後に長い楕円形をしているブランド、内側の形が丸い(正円に近い)形をしているブランドなど、各ブランドごとにサイズには特色があります。

さらに、同じブランド・同じサイズの帽子であっても、大きさにバラつきがある場合もあります。特に、トキヤ草を手編みで作り上げるパナマハットは、大きさのバラつきが多い傾向にあります。

まずは頭のサイズを測ってみよう

まずは、メジャーもしくは平らな紐を用意してください。眉毛上1cmから水平に頭の後ろを通って、メジャーもしくは紐を1周させます。そこに、ゆとり分として指1本程度(0.5cm~1cm程度)プラスします。これが、あなたの帽子のサイズとなります。

便利な頭囲測定専用メジャー

帽子専門店「時谷堂百貨」では、オリジナル頭囲メジャーを配布しています。この頭囲測定専用メジャーは、一人でも簡単に頭囲を測定できると大変好評です。

メールマガジン配信ならびにカタログなど郵送物の送付にご登録いただけた方には、無料でプレゼントをしています。(頭囲測定専用メジャーのお申込みはこちらから

帽子のサイズ調整には調整テープが便利

帽子のサイズ、自分の頭囲の2つがわかったところで、自分に合った帽子を選んでみましょう。

・・・それでも、やっぱりしっくりこない!なんてこともあるのです。

先ほども述べたように、帽子のサイズが2cm刻みであるため微妙にサイズが合わないという場合や、内側の形が自分の頭の形に合ってないという場合、また、帽子のデザインや素材、かぶり方の角度によってフィット感が異なってしまうという場合もあるのです。

そんな時どうするか・・。「小さすぎて窮屈」な場合は、ワンサイズ大きなものに交換するしかありません。でも、「大きすぎてブカブカする」場合には、サイズ調整テープという物を使って帽子のサイズ調整をすることが可能です。

サイズ調整テープとは?

サイズ調整テープとは、帽子内側のスベリ部分に貼り付けて使用するテープで、スベリのある帽子のサイズを微調整することが可能です。サイズ調整テープは、ぐるっと1周貼ると約1cm、帽子のサイズを小さくすることができます。

サイズ調整テープの使い方

1.帽子のスベリ部分をめくります。

2.サイズ調整テープは、片面が接着面となってるので、接着面の剥離紙を剥しながら、めくったスベリの内側にサイズ調整テープを貼ってください。(貼り付ける部分のホコリや油分などをよく拭き取っておきましょう。)

3.スベリを戻し、サイズ調整テープをしっかりと押さえて圧着します。

上手に貼るポイント

1周分の長さをぐるっと一気に貼ろうとすると、キレイに貼るのがなかなか難しいかと思います。

上手に貼るためには、半周分ずつ貼ることをオススメします。調整テープを半分の長さに切って、半周ずつ2回に分けて貼る方法です。

前後どちらか半分貼った時点で試着をしてみて、ピッタリなら半分の長さ(約0.5cmの調整)でOK。まだサイズが大きいようでしたら、残り半周を貼ってみてください。

また、帽子の前後ではなくて左右にゆとりがあるという場合には、左右に1/4ずつサイズ調整テープを貼るという方法もあります。ご自分の頭にフィットする貼り方をしてみてください。

サイズ調整テープはどこで購入できる?

帽子専門店 時谷堂百貨では、帽子(スベリがあるもの)をご購入していただくと、サイズ調整テープ30cm(半周分)を無料で同梱するというサービスを行っております。(半周分では足りないという場合には、追加でさらに30cm分をお送りすることも可能です。)

また、時谷堂百貨では、サイズ調整テープのみの販売も行っています。

帽子サイズ調整テープ
300(税込324)

幅1.5cm×長さ60cm

帽子サイズ調整テープのご購入はこちら

汗止めライナーでもサイズ調整ができます。

サイズ調整テープは、スベリの内側に貼るテープですが、汗止めライナーはスベリの表側、おでこが当たる部分に貼るテープです。

厚みのあるテープなので、普通サイズ(17.5cm)のテープで約0.5cmロングサイズ(20cm)のテープで約1.0cm、帽子のサイズを小さくすることができます。

汗や皮脂を吸収してくれるため、夏の帽子や、汗をかきやすい方には、汗止めライナーでサイズ調整する方法がおすすめです。

汗止めライナーとは

汗止めライナー、正確には『汗止め消臭・制菌ライナー』は、帽子内側に貼り付けて汚れを防ぐ帽子お手入れ用品です。

帽子内側のスベリ部分に、付属の両面テープで貼り付けることで、吸汗・速乾・制菌・消臭、4つの効果が得られます。

効果は半永久的に持続するので、繰り返し洗ってお使いいただけます。ライナーを帽子に貼り付ける両面テープ10回分つき。本体を洗濯して再度つけることはもちろん、他の帽子への付け替えもできます。

※「汗止め消臭・制菌ライナー」の機能についてはこちらをお読みください。

汗止めライナーの貼り方

帽子内側のスベリ部分に、付属の両面テープで貼り付けて使います。汚れてきたら、帽子からはがし、洗濯ネットなどに入れ、洗濯機で洗濯可能です。洗濯をしても効果は半永久的に持続するので、繰り返し洗ってお使いいただけます。(※写真は分かりやすいように肌色のライナーを使用しています。)

貼り付けるための両面テープは、のりの跡が残りづらい専用テープですので、大切な帽子にも安心してお使いいただけます。

汗止めライナーはどこで購入できるの?

帽子専門店時谷堂百貨のサイトで購入することができす。17.5cmの長さの普通サイズのものと、27cmのロングタイプがあります。

帽子に貼り付けて吸汗・速乾・制菌・消臭・汚れ防止
帽子用汗止め消臭・制菌ライナー(17.5cm) 800(税込864)
帽子用汗止め消臭・制菌ライナー ロングタイプ(27cm) 1,000(税込1,080)

おわりに

帽子が風で飛ばされないかと終始帽子を手で押さえていなければならない・・というのはストレスが溜まるものです。また、男性の所作としても、あまりかっこよくありません。サイズがピッタリと合った帽子を身に着けていれば、多少の風がふいてもへっちゃらです。

サイズが大きくて被らない帽子がある方は、ぜひサイズ調整テープや汗止めテープで、サイズを調整して快適にカッコよく帽子を被ってみてください。