FAILSWORTHフェイルスワース

FAILSWORTH(フェイルスワース)

1903年の創業の「FAILSWORTHフェイルスワース」は、英国ハットのトップ・ブランド。イギリス・アイルランドに拠点を置き、創設以来、熟練の技術と革新的なデザインで国内外において高い評価を獲得しています。粋なブリティッシュ・トラッドの魅力を凝縮したFAILSWORTHフェイルスワースの帽子は、常に独自のスタイルと高いファッション性を志向し、世界中にその名をとどろかせています。


FAILSWORTHフェイルスワースブランド紹介

FAILSWORTH(フェイルスワース)とは

FAILSWORTHフェイルスワースの歴史

1903年 ― FAILSWORTHフェイルスワースの創業
FAILSWORTH(フェイルスワース)

1875年設立のMAYPOLE HAT WORKS

FAILSWORTHフェイルスワースの公的記録としての設立は1903年12月2日です。しかし、さらに時代を遡れば、1875年に「Maypole Hat Works」の名で開始された事業がルーツであり、これが同社の歴史の始まりと言えます。


FAILSWORTH(フェイルスワース)

職人による帽子作りの技術

1881年には、その後のFAILSWORTHフェイルスワースとしての発展の拠点となる都市マンチェスターのクレアモント・ストリートに、本拠地が移されます。

そして1903年12月2日、公的にも現在のFAILSWORTHフェイルスワースの前身として記録されている会社、「The New Failsworth Hat Manufacturing Company」が設立されました。

さらに1940年には、社名が最終的に、現在も使われているFAILSWORTHフェイルスワース(Failsworth Hats Limited)に移行されます。

1939年 ― 第二次世界大戦
FAILSWORTH(フェイルスワース)

第二次世界大戦時のカタログには軍用品が掲載されている

FAILSWORTHフェイルスワースは、1930年代の早い時期から、国内外における様々な市場を開拓するため、事業の拡張と強化に取り組みました。結果、FAILSWORTHフェイルスワースの帽子は世界各国で愛用されるようになり、順調にその名声を拡大していきます。

しかしそんな中、第二次世界大戦が勃発すると、軍事政策により一般的な帽子の生産は制限を受けるようになります。そのためFAILSWORTHフェイルスワースでは、軍用の飛行帽、ヘルメットの他、航空機部品の制作まで手がけるようになりました。


FAILSWORTH(フェイルスワース)

当時生産されていた飛行帽 & ナース用帽子

1949年 ― 米国ステッドソン社との取引
FAILSWORTH(フェイルスワース)

ステッドソン&FAILSWORTHフェイルスワースによる1940年代の記念すべきコレクション

第二次世界大戦の終戦を迎えた後、他の多くの企業、産業分野もそうであったように、FAILSWORTHフェイルスワースでも、事業の体制を再び整え、帽子市場でのポジションを確立し直す必要が出てきました。

戦禍の煽りで相当の損失を出している中でしたが、FAILSWORTHフェイルスワースは生産設備や新技術の導入に積極的な投資を行います。結果、世界最高級の帽子ブランドとして、そして欧州で最も大きな工場として成長を遂げます。

1940年代の終わりになると、米国のステッドソン社と生産ライセンス契約を結び、有名なステッドソン・ブランドをまとった帽子の生産を始めました。

FAILSWORTH(フェイルスワース)

FAILSWORTHフェイルスワースが実装した当時最先端の労働環境

1958年 ― 50年代の繁栄期
FAILSWORTH(フェイルスワース)

バスビー・ベイブス(サッカーチーム)等のスター達にも愛用されたFAILSWORTHフェイルスワースの帽子

FAILSWORTHフェイルスワースの1950年代は、新しいスタイルへの挑戦と発展を続けた時期でした。

ロンドンのショールームを最大限に活用するとともに、英国貿易展示会に定期的に参加することで商機を見出し、国内外で順調に販売を伸ばしていきます。

FAILSWORTHフェイルスワースの名は、著名なハロッズ、オースティンリード、セルフリッジなど英国を代表するブランドと並んで、磐石な地位を確立することとなります。

この時期、同社ではスポーティーなフェルトハットだけでなく、織りの帽子も生産されました。FAILSWORTHフェイルスワースが提案する様々なスタイルの帽子は、バスビー・ベイブス(※イギリスのサッカーチーム)のような多くの象徴的スターたちにも愛用されました。

FAILSWORTH(フェイルスワース)

当時の展示風景

1982年 ― 業界に影響を与えた素材の進化
FAILSWORTH(フェイルスワース)

FAILSWORTHフェイルスワースでは、純英国産の上質な素材を用いた新たな帽子制作が行われるようになる

1980年代は、生地や素材が目覚ましい発展を遂げた時代でした。こうした変化は、当然ながら、服飾業界にも大きな影響を及ぼしました。

耐水性に富む軽量なスポーツ生地であるマイクロファイバー(超極細繊維)に続いて、船の帆にルーツをもつ高度な防風性と防水性を備えたワックスコットンも登場。これらは、80年代を代表する生地です。

フリース生地も、ハイキングやスポーツなど活動的な分野において、多くのコレクションに登場するようになりました。

1875年から1940年にかけて、FAILSWORTHフェイルスワースを代表する帽子はフェルトハットでしたが、80年代の同社は、英国最高級のツイードと伝統的な帽子を融合させた、新しいスタイルの帽子を発表していくようになります。
カシミヤ、羊毛、ハリス・ツイードなどを用いたFAILSWORTHフェイルスワースの高級帽子は、最先端のメンズファッションに見事なまでに調和し、時代のトレンドを生み出します。

1998年 ― 紆余曲折を経て未来へ

1998年、FAILSWORTHフェイルスワースはさらなる事業の発展を目指して、クレアモント・ストリートから程近いクラウン・ストリートに移転します。ここが、現在まで続く同社の拠点です。戦争、発展、素材の進化と、多くの紆余曲折を経てきたファッション業界ですが、その中にあって様々な局面を乗り越えてきたFAILSWORTHフェイルスワースは、これから迎える未来に自信を持っています。

FAILSWORTH(フェイルスワース)

クレアモント・ストリートの古い工場から移転したFAILSWORTHフェイルスワース

2014年 ― 伝統に培われた実力とさらなる進化
FAILSWORTH(フェイルスワース)

進化を続ける現代のFAILSWORTHフェイルスワース

2000年初頭、FAILSWORTHフェイルスワースは創業から記念すべき100周年を迎えました。

バーバー、アブラハムムーン、ハリス・ツイードなど、様々な英国の伝統的ブランドと同様、FAILSWORTHフェイルスワースにとっても100周年は実に記念すべき出来事でした。 企業やブランドにとって、長い時間を経て積み重ねられる伝統はとても重要な要素です。バックグラウンドとして蓄積された歴史が、多くの信頼を生む盤石な基礎となり、未来へ向けてより一層発展していく力につながるからです。

FAILSWORTH(フェイルスワース)

FAILSWORTHフェイルスワースのスタジオ

FAILSWORTH(フェイルスワース)

2014 / 2015 コレクション

FAILSWORTHフェイルスワースは歴史と伝統に育まれた圧倒的な実力をベースに、時代ごとの流行やライフスタイルを積極的に取り込むことで、現代の市場環境においても、より大きな競争力を発揮しています。

これからもFAILSWORTHフェイルスワースは、ブリティッシュ・トラッドの粋を重んじつつ、柔軟な発想と先進のテクノロジーを取り入れて帽子を進化させていくことでしょう。

FAILSWORTHフェイルスワースの経営理念と進化を生む源泉

確かな伝統、未来への視線。
FAILSWORTH(フェイルスワース)

1903年、マンチェスターのクレアモント・ストリートに設立されたFAILSWORTHフェイルスワースは、毎週25ダースばかりの帽子を生産する小さな帽子店に過ぎませんでした。その後、順調に発展を遂げ、1940年までには毎週5000ダースもの帽子を生産するまでの規模に成長しました。

黎明期から、第二次世界大戦による混乱期を経る中で、FAILSWORTHフェイルスワースは、その時々の時代状況に応じた経営戦略で苦境を乗り越えてきました。

FAILSWORTHフェイルスワースは語ります。
「私たちは、類まれなる質、卓越した職人技術という、伝統的価値と誇りを見失うことはないでしょう」

こうした言葉には、FAILSWORTHフェイルスワースの伝統を重んじる姿勢が端的に現れています。しかし、同社のビジョンはそこに止まりません。同時に、視線は常に未来を見据え、さらなるデザインの革新と最新技術の進歩に向けられているのです。

1950年代にこんな事例がありました。市場におけるフェルトハットの需要が減りはじめた際、FAILSWORTHフェイルスワースはいち早くこうした兆候を感じとり、市場が崩壊する前に実行可能な代替案を用意することで、この苦境を乗り越えたのです。
同社は、広く世間一般の人々から前衛的な嗜好をもつ人々にまで気に入られるような、新しい素材やデザイン、技術を大胆に導入。時流を確実に捉えた商品を市場に提案することで、見事な復活を遂げました。

老舗ブランドとしての成功に慢心することなく、古きを知り尽くした上で新しき進化に臆せず挑む――上記の事例に見られるような姿勢こそが、FAILSWORTHフェイルスワースの最大の強みと言えます。これは、同社のクリエイティブへの飽くなき挑戦の表れであり、人々の心を掴んでやまない魅力的な帽子を生み出しつづける力の源泉でもあります。こうした切れ目のない挑戦と革新が、FAILSWORTHフェイルスワースを、ただ歴史の上にあぐらをかくだけのブランドと一線を画すポジションにまで押し上げ、世界の人々に愛され続けるハイ・ブランドとしての地位を維持させているのです。

FAILSWORTHフェイルスワースはこれからも、常に未来に目を向け、次世代の新しい生地や素材を取り込み、時流に合った色を提案することで、前進と革新を続けていくことでしょう。

統計で見るFAILSWORTHフェイルスワース
FAILSWORTH(フェイルスワース)

現在のFAILSWORTHフェイルスワースが有する経営的な規模や実力を把握するには、同社にまつわる数字が一つのシンプルな指標となるでしょう。
数字の羅列は一見味気のないものに感じられますが、しかしFAILSWORTHフェイルスワースは、数字によって表されるものを最も誇りに思っています。何故ならそれは、FAILSWORTHフェイルスワースが全世界の顧客へ商品を届けるために、着々と積み重ねた信頼と実績を客観的に立証するものだからです。

  • 113 ― 歴史に裏打ちされた長年の経験を示す、創業からの年数
  • 2,000,000 ― 1年の販売単位
  • 100,000 ― 1年に使用される英国生地のメートル

明快で印象的なこれらの数字は、FAILSWORTHフェイルスワースの鋭敏な経営戦略と、着実な進歩を端的に証明しています。FAILSWORTHフェイルスワースは、世界に名声を響かせる各種有名英国ブランドに一歩も引けをとらないばかりか、常に独自のスタイルと高いファッション性を志向することで、世界中から高い評価を集めています。

FAILSWORTHフェイルスワースの企業倫理

FAILSWORTHフェイルスワースは、労働条件や環境に深く配慮しています。

FAILSWORTHフェイルスワースは、ETI(Ethical Trading Initiativeエシカルトレーディングイニシアチブ/英国の倫理的業者推進NGO)のETIベースコードによる監査を基準としています。これにより自社はもちろん、取引先企業も社会的な責任を果たしているか、厳密に検証しています。ETIに参加する企業は認証制度によって所定のラベル表示が可能になりますが、こうしたラベル表示運動は、企業が社会や環境に対して倫理的により望ましい行動をとることへの誘因となっています。

FAILSWORTH(フェイルスワース)

またFAILSWORTHフェイルスワースは、自社の設定する労働環境や条件が従業員の生活に深い影響を与えてしまう可能性を認識しており、彼らの健康や生活水準に対して責任を負っています。
社会的な責任を負う企業として、全ての商品は倫理的に生産されるべきと考えており、自社はもちろんのこと、「顧客・環境・サプライヤー・社員を大切にする」という価値感を共有できる企業とのみ取引を行うよう、徹底した姿勢で企業活動を行っています。

FAILSWORTH(フェイルスワース)

全ての生産者はETIベースコードに応じて監査され、SEDEX社のサイトで公開されています。

フェイルスワースは継続的に手順の見直しと企業倫理の強化を図っています。FAILSWORTHフェイルスワースのポリシーは、持続的な進歩のうちの1つです。これを達成するために、ともに働く卸業者へも率先したアプローチを行っています。

FAILSWORTH(フェイルスワース)

また、FAILSWORTHフェイルスワースは、生産者として拠点所在地の環境に対して影響力があることを自覚し、その維持・保全のため企業として責任を負うことを認識しています。同社は環境への影響を軽減するために、有意義な変化を受容するとともに、あらゆる施策を取り入れる体制を整えています。

紳士の国イギリスの気品を受け継いだFAILSWORTHフェイルスワースの帽子

FAILSWORTH(フェイルスワース)

かつて西洋には「帽子を被らない男は、紳士のフリをすることすら諦めた男だ」といった言葉があり、日本においても明治末から昭和初期にかけて「紳士たるもの外出時には帽子の着用が必須」という常識が人々の間で根づいていました。

FAILSWORTHフェイルスワースは、1903年の創業以来、伝統と革新をもって常に業界をリードしつづける英国ハットのトップ・ブランドです。

そんな紳士の国イギリスの伝統を受け継いだFAILSWORTHフェイルスワースの帽子は、本場イギリスにおいても日本においても、被る人のジェントルマン・シップを内側から輝かせるに違いありません。

歴史に培われた確かな技術と、進取の美的感覚を惜しみなく詰め込んだ逸品・FAILSWORTHフェイルスワースの英国ハットを、ぜひご自身の目でお確かめください。


FAILSWORTHフェイルスワースの帽子について

FAILSWORTH(フェイルスワース)の帽子について

世界の人々に愛されつづけるハイ・ブランドFAILSWORTHフェイルスワースの帽子制作の特徴は、受け継がれてきたブリティッシュ・トラッドを重んじる一方で、常に未来を見据え、デザインの革新と最新技術の進歩に目を向けている点にあります。ここでは、そんなFAILSWORTHフェイルスワースの帽子制作の過程を、特に「革新」という観点から見ていきましょう。

FAILSWORTHフェイルスワースの帽子制作、7つのステップ

FAILSWORTHフェイルスワースは、帽子の制作にあたって、最も新しい思考と先進のテクノロジーを取り入れて帽子を進化させることを企図しています。その目的に沿い、FAILSWORTHフェイルスワースの帽子制作は、次の7つのステップにわたって進められています。

1. 未来のトレンドを見据えて
FAILSWORTH(フェイルスワース) FAILSWORTH(フェイルスワース)

FAILSWORTHフェイルスワースでは、新しい帽子を作る前に、国内外にまで知見を広げ、まず現在の流行に関するあらゆる情報を収集します。

FAILSWORTHフェイルスワースには、パリ・ローマ・ミラノの最新ファッションショーにも精通したデザイナーが多数在籍しています。彼ら流行に敏感なプロたちが、集められた情報を分析し、深く掘り下げていくのです。

老舗メーカーでありながら、未来のトレンドの萌芽となるような、いま市場で求められている新しい動向にも意欲的に接するのがFAILSWORTHフェイルスワースのスタイルです。

2. ファッションショーへの参加
FAILSWORTH(フェイルスワース)

ロスアンゼルス、ロンドン、ニューヨーク、東京のようなトレンドに敏感な街へ実際に赴き、積極的にファッションショーへ参加することで、感性を磨きます。

デザイナーであるエリック・アジガードは次のように話しています。
「デザインは、我々が作る全ての帽子に集約されます。帽子をただ作るのではなく、デザインをする上で、技巧・科学・物語・宣伝・哲学なども頭に入れた上でデザインしています。デザインはそれら全てが結実したものだからです」

3. すべてはアイディアのなかに
FAILSWORTH(フェイルスワース) FAILSWORTH(フェイルスワース)

市場の顧客はもちろん、素材の生産者の声にも耳を傾け、デザインの革新と最新技術の開発に反映させます。あらゆる取引先と手を取り合って、次々と新しいアイディアを生み出し、形にしていきます。

各方面と協力し合って帽子業界を発展させていくことは、FAILSWORTHフェイルスワースにとって大きな喜びです。

4. 最高の素材を求めて
FAILSWORTH(フェイルスワース) FAILSWORTH(フェイルスワース)

FAILSWORTHフェイルスワースの帽子はツイードやアイリッシュ・リネンなど、英国・アイルランド産の素材が大半を占めますが、新しい素材の探究にも力を注いでいます。選択肢の多さはアイデアの可能性を広げるからです。

FAILSWORTHフェイルスワースは、定期的に国外へと足を運び、可能な限り生態系に優しく、最高級の素材を求めています。その行脚は、遠く離れた香港や中国本土にまで及びます。
時代と共に変遷する“最良”を求め、FAILSWORTHフェイルスワースは世界を旅するのです。

5. 完璧なプロトタイプ
FAILSWORTH(フェイルスワース)

帽子の原型づくりが始まると、FAILSWORTHフェイルスワースの熟練チームの多彩な才能とスキルが、デザインにいかんなく発揮されます。

FAILSWORTHフェイルスワースのデザイナーは同業他社との差別化を常に意識し、オリジナリティの高い帽子の制作を目指しています。その仕上がりは、他の著名な英国ファッションブランドと比較しても、全く引けをとりません。

6. 広がる知識
FAILSWORTH(フェイルスワース) FAILSWORTH(フェイルスワース)

FAILSWORTHフェイルスワースが創業以来百年以上をかけて磨き上げた技術には既に抜きん出たものがありますが、彼らは飽くなき探求心をもって、さらなる進化を求めます。

実習の旅――より良い生産技術のノウハウを海外から学びとるべく、FAILSWORTHフェイルスワースは世界をもう一度旅します。

老舗ブランドとしての栄光に慢心せず、伝統を知り尽くした上で新しい挑戦を続ける、同社のこうした姿勢こそが、人々の心を掴んでやまない帽子を生み出しつづける極意なのです。

7. 公開
FAILSWORTH(フェイルスワース) FAILSWORTH(フェイルスワース)

こうしたステップを経て仕上げられた新しい帽子は、同社の将来の主力商品となるべく入念な準備がなされ、マンチェスターのショールームにて公開されます。

FAILSWORTHフェイルスワースの素材について

ツイード
FAILSWORTH(フェイルスワース)

ツイードは、羊毛を手紡ぎした太い糸を用い、ざっくりと厚手に仕上げられた紡毛織物の総称。イギリス、スコットランドを発祥とする毛織物の一種です。

特徴は、保温性に優れ、雨に強く、独特の重厚な質感があること。英国では古くから、上流階級の紳士が愛用する普段着の素材として用いられてきました。

重厚かつ丈夫、着込むほどに深まる味わいは、古今東西の人々を魅了してやみません。上品さとタフさを兼ね備えた、まさに質実剛健といった印象をもつツイードは、紳士の余暇を彩るブリティッシュ・トラッドの代表的素材です。

ハリスツイード

18世紀頃、スコットランド北西部のハリス&ルイス島で誕生したツイードで、英国王室御用達の高品質ツイードとして日本でも広く知られています。産地、素材、固定、染色、羊毛の密度など、数多くの厳格な基準がハリスツイード協会によって定められていて、全ての基準をクリアしたものだけが認定ラベル(英国王室許可証)を与えられます。

ドネガルツイード(ドニゴールツイード)

ハリスツイードと並び、高品質なものとして知られるツイードです。発祥は、アイルランド北西部のドニゴール州で、アイリッシュツイードの代表格になります。素材としての特徴は、温かく耐久性があること。外観には、ネップ(節糸)による霜降りのような斑点が見られます。野趣あふれる表情と、アイルランドの自然を思わせる色味も魅力です。

アイリッシュ・リネン

主にヨーロッパ北部で栽培されている亜麻を原料とした、最高品質のリネンです。シャリッとした爽快な肌触りが特徴。日本の伝統的な苧麻(ラミ-)よりも風合いがソフトで優しいことも魅力です。麻の繊維はストロー状に中空になっていて、通気性や吸汗性に優れています。涼やかな素材であるため、春夏の帽子にぴったりです。