MARONEマローネ

MARONE(マローネ)

MARONEマローネは、イタリアの名門老舗メーカー・ラマール社の紳士帽子ブランドです。1881年の創業以来、100年以上の時をかけて研ぎ澄まされた帽子作りの技術は、数多いイタリアン・ハット・メーカーの中でもトップクラスの実力。熟練の技が光るオーソドックスな帽子から、新鮮な芸術性を感じさせる帽子まで、高いデザイン性と技術で世界の市場に君臨しています。MARONEマローネの帽子は、美しい縫製、秀逸なデザイン、上等な被り心地など魅力が満載。各国の帽子ファンからの熱い視線を集めています。


MARONEマローネブランド紹介

MARONE(マローネ)とは

MARONEマローネの歴史~成長と現在~

MARONEマローネの誕生
MARONE(マローネ)

MARONEマローネの前身となる会社は、イタリア南部の小さな町ラウレンツアーナで、1700年初頭に設立されました。当初は、男性用のフェルトハットのみを製造していました。
そして1800年末には、バリ町近くの小さな村ビテットに引っ越し、ここではいろいろな種類の帽子の生産を始めます。

MARONEマローネは、本格的な創業を果たした1881年以降、イタリアの名門老舗ラマール社の紳士帽子ブランドとして、大人の男の遊び心をくすぐる傑作を次々と生み出すトップ・ブランドにまで成長します。その特質は、卓越した職人技術による伝統的な帽子作りを続けながら、イタリアらしい先進のデザイン性を意欲的に取り入れる点にあります。

中でもハンチングやキャスケットのように立体的なシルエットをもつ帽子の美しさは際立っていて、その実力は数あるイタリアン・ハット・メーカーの中でもトップクラスと言われています。

MARONEマローネの成長

現社長の祖先は、男性用・女性用両方のフェルトと織物の帽子の生産を開始します。そして1900年代はじめ、現社長の祖母が、パリで男性用フェルトハットの最高生産者として金メダルを受賞しました。
同社は1956年には、フォッジアに80m四方の拠点を構えました。長い時間をかけて商品開発に投資した結果、フェルト帽子、織物帽子、麦わら帽子など、あらゆるタイプの帽子を生産するようになります。

現在はフィレンツェ近くのシーニャにショウルームを出し、欧州のほとんどの国と、日本、韓国、香港、米国などに向けて商品を輸出しています。会社の規模は1.5キロ四方にまでは拡大、30人の従業員で運営しています。

高品質な素材に堅牢な縫製と、クオリティには徹底したこだわりをもち、100年を超える伝統的技術を惜しみなく注ぎ込んだ帽子は、見事なまでの逸品。大人の男性がもつ色気をグンと引き立ててくれることでしょう。

同社は、婦人用帽子としてAnna Rizzoアンナ リッゾというブランドを展開しており、こちらも各国で高い評価を集めています。

クラシコ・イタリア――MARONEマローネに見るイタリア流ファッション

「上質・オーソドックス」を大切にするイタリア流ファッション
MARONE(マローネ)

イタリアは、服飾の上質さにこだわりを持ち、品質の良さがオシャレに直結するとの考え方をもつ国民性です。

中でもイタリアの男性と言えば、「オシャレな伊達男」というイメージがやはり一般的ではないでしょうか。靴やスーツに並々ならぬこだわりをもち、大胆な色柄の小物も意欲的に取り入れる彼らのファッションスタイルは、日本においても世界の流行をリードする存在として広く憧れのまなざしを集めています。

しかし一方で、その派手で華やかな印象から「奇抜なスタイル」を思い浮かべ、イタリア流ファッション全般に対して敷居の高さを感じる方がいるのも事実。また、地中海の明るい色彩感覚を取り入れた鮮やかな彩りに腰が引ける、といった声も少なからず聴こえてきます。


ところが実際は、イタリア流ファッションの根底には、「上質さ・オーソドックスさ」を大切にする普遍性への美意識が貫かれています。

伝統を継承したクラシックで上質なスタイルを基本ベースに、適度な遊び心と実用性をもち込んだ「クラシコ・イタリア」と呼ばれるコーディネートが、イタリア流ファッションの真骨頂。
クラシコ・イタリアは、守るべき基本ルールに沿ったトラディショナルな装いの中に、自分らしさをさりげなく組み合わせる、上質でシンプルな着こなしが特徴です。
シンプルだからこそ大人の男の色気が香り立ち、そこに組み合わせたアイテムが、自分だけの個性的に引き立たせるのです。

MARONE(マローネ)
イタリア流ファッションのアクセントとなる「小物使い」

クラシコ・イタリアの基本であり中心となるのは上質なジャケットやスーツですが、各人の個性を引き立たせるのは、そのコーディネートの中に持ち込まれる巧みな小物使いです。時流に左右されない上質な定番品に、ひと際目を引く色やデザインのアイテムを合わせることで、正統派ファッションをたちまち自分流に変えてしまうテクニック――この小物の使い方こそがセンスの見せ所、クラシコ・イタリアの流儀の神髄といえます。

MARONEマローネの帽子は、こうした定番のコーディネートにアクセントを加えクラシコ・イタリアを完成へと導くのに、まさに打ってつけと言える、上質かつ個性的なアイテムなのです。

1881年の創業時から100年以上もの間、その伝統的技術とクラフトマンシップを脈々と受け継いできたMARONEマローネの職人たち――彼らが精魂を傾けて生み出す帽子は、クラシコ・イタリアに欠かせない上質かつ個性的な魅力を存分に発揮できる一級品です。

MARONE(マローネ)

時流に左右されない「オーソドックス」な帽子は、MARONEマローネにとって最も得意とするアイテムです。長い歴史に育まれた熟練の技が、時代を経ても輝きを失うことのない定番の帽子を創り上げるのです。定番とはすなわち、一種の完成された形。王道として確立された「理想形」のアイテムは長い時間にわたって魅力を放ち、オーソドックスだからこそいつまでも色褪せることがありません。

イタリアは世界遺産が多い国としても知られています。伝統文化を重んじ後世に伝えていこうという、こうしたイタリアの姿勢は、MARONEマローネのクリエイティブの中にもしっかりと息づいています。MARONEマローネは、普遍的な定番帽子を持続的に生み出すことで、この姿勢を具現化しているのです。

MARONE(マローネ)
新鮮な芸術性と自由な感性を表現した斬新なアイテム

一方でMARONEマローネは、イタリア芸術や美しい景観に多大な影響を受け、その流行や色彩を写し取ったかのような帽子も次々と発表するなど、斬新なモダンさを表現したアイテムで人々を魅力しつづけています。決して休むことなく新たなデザインに挑みつづけるMARONEマローネの姿勢は、さながら自由な表現と新たな文化を求めて興ったルネサンスのよう。実にイタリアらしい芸術感覚と言えるでしょう。

卓越した技術と先進の芸術性をもって、自由自在にあらゆる帽子を生み出す様は、まるで帽子のミラノ・コレクション。その柔軟なスタイルには、MARONEマローネの懐の深さが垣間見えます。

定番スタイルにアクセントとしてモダンな帽子を合わせ、遊び心を発揮するのもよし。あえて着崩したカジュアルなファッションにトラディショナルな帽子を合わせ、上級者ならではのコーディネートを楽しんでもよし。さり気ない個性を演出できる可能性は無限に広がっています
遊び心あふれる自由な感性で、お好みや季節ごとのコーディネートに合わせて、MARONEマローネの帽子であなただけのクラシコ・イタリアを完成させてください。

ハイクオリティなMARONEマローネのイタリアン・ハンチング

MARONE(マローネ)

MARONEマローネは、1881年の創業から、最高級のイタリアン・ハットを生産しつづけているトップ・ブランドです。

MARONEマローネが提案する帽子は、100年を超える歴史の中で磨かれた伝統的な帽子作りをベースに、イタリアらしい先進のデザイン性を取り入れた、大人の男の遊び心をくすぐる逸品です。高品質な素材、堅強な縫製と、アイテムのクオリティの高さに関して徹底したこだわりをもち、イタリア流ファッションの定番スタイル「クラシコ・イタリア」にふさわしい上質な帽子を作りつづけています。

多彩な帽子を生み出すMARONEマローネは、数多いイタリアン・ハット・メーカーの中にあってトップクラスの実力を誇ります。中でも特に、ハンチングやキャスケットのような立体的なシルエットをもつ帽子の美しいデザインには定評があります。

当店では、本場イタリアから厳選して直輸入したMARONEマローネの帽子を皆様にご紹介しています。匠の手により、熟練の技術と愛情を込めて作られたMARONEマローネの帽子を、ぜひご自身の目でお確かめください。


MARONEマローネの帽子について

MARONE(マローネ)の帽子について

MARONEマローネの帽子は、100年を超える伝統に育まれた帽子作りの技術を基礎に、イタリアならでは新進の芸術性を取り込んだ、大人の男の遊び心あふれるアイテムです。質の高い素材にしっかりとした縫製と、品質の良さに徹底したこだわりをもち、イタリア流ファッション「クラシコ・イタリア」にふさわしいハイクオリティな帽子を提案しつづけています。

MARONEマローネの帽子の特徴

MARONE(マローネ)

数あるイタリアン・ハット・メーカーの中でもトップクラスの実力を誇るMARONEマローネ。同社は多種多様な帽子を生産していますが、ハンチングやキャスケットのような立体的なシルエットをもつ帽子の美しさは、中でも随一と言われています。

丈夫で安定感のある縫製、被った際の絶妙なフィット感といった帽子の基本要素をしっかりと押さえた作りは、伝統ブランドの名にふさわしい見事な仕上がり。同社は、基本だからこそ一切の妥協をせず、100年を超える老舗の伝統的技術を惜しみなく注ぎ込んで、長年の愛用に耐えうる帽子を提供しています。

さらに、様々なカラーや素材の生地を意欲的に組み合わせるイタリアらしいデザイン・センスも、同社の人気の源泉。伝統的な帽子作りを大切にしつつ、多彩な遊び心を取り入れながら、豊かな表現力をもつ帽子を制作しています。

上質な素材と生地、丈夫で美しい縫製、秀逸なデザイン、そして快適な被り心地を実現するMARONEマローネの帽子は、世界各国の帽子ファンから高い評価を受けています。

MARONEマローネの帽子の種類

MARONEマローネの帽子は、仕立ての良さが引き立つシンプルなアイテムから、新鮮な色柄や素材を大胆に組み合わせたアイテムまで、多彩な商品が揃っています。ここでは、当店で取り扱っているMARONEマローネのハンチング・キャスケットについてご紹介します。

ハンチング
ハンチング

ハンチング帽の起源は、19世紀半ばのイギリス。富裕層の間で、帽子といえば動きづらいシルクハットが主流であった時代、乗馬や狩猟などアウトドア用の軽快な帽子として生み出されたのがハンチング帽でした。

ルーツこそ上流階級に端を発しますが、頭の形にフィットしやすく動いてもずれにくいハンチング帽は、その行動性・実用性の高さから市井の人々の間にも普及していき、やがて庶民のシンボルとして親しまれるまでになります。日本では明治時代、まず商人が被る帽子として普及。やがてドラマの影響を受け、刑事や探偵が被る帽子というイメージも定着するようになります。

カジュアルで気軽に被ることのできるハンチングは、アクティブな印象の中に伝統的な気品や落ち着いた雰囲気も兼ね備え、世代を越えて高い人気を集める帽子です。

素材や仕立ての良さと独創的なデザインをもつMARONEマローネのハンチングは、イタリアらしいエスプリを感じさせるハイセンスで上質な逸品。比類なき技術に裏打ちされたハイクオリティなハンチングは、大人の男性が持つ色気をより一層引き立ててくれることでしょう。

キャスケット
キャスケット

キャスケットはハンチング帽の一種です。厳密な定義はありませんが、トップが中央から放射状に伸びる2~8枚の生地で構成されており、前にブリム(つば)があるものが主にキャスケットとして分類されています。

「ニュースボーイ・キャップ」という別名がある通り、かつて新聞配達の少年たちが被っていた帽子として映画等でもお馴染みですが、少年に限らず労働者階級の男性たち全般が好んで被っていたと言われています。

ハンチングと比較して、丸みがあるふっくらしたシルエットと、醸し出されるレトロな雰囲気が特徴。被ることで、コーディネートに若々しい印象を加えてくれます。

MARONEマローネのキャスケットは、伝統的な帽子がもつクラシカルな印象の中にイタリアならではの遊び心を散りばめた、絶妙なバランス感覚が魅力。さっと被るだけでコーディネートに新鮮なスパイスを効かせ、さり気なく個性を演出することができます。キャスケットを取り入れることで、あなたらしいイタリア流ファッションをお楽しみください。