Tom Smarteトム スマート

Tom Smarte(トム スマート)

Tom Smarteトム スマートは、1786年にイギリスにて創業した名門老舗帽子ブランドThomas Smarteトーマス スマートの復刻ブランドです。今も昔も変わらず手作業による工程にこだわり、都会に住む紳士達に向けて、上質な紳士帽を提供し続けています。英国伝統のクラシカルなスタイルに、ロンドンの現代的感性を積極的に取り入れたTom Smarteトム スマートの高級紳士帽は、英国帽子の代名詞としてその名を馳せています。


Tom Smarteトム スマートブランド紹介

Tom Smarte(トム スマート)とは

男性のための最高級帽子を手掛けるTom Smarteトム スマート

Tom Smarte(トム スマート)

ロンドンを拠点とし、ハイクオリティな紳士帽を世界中に提供する。

ロンドンに居を構えるTom Smarteトム スマートは、現代を生きる紳士達に向けて、上質な生地から作られたハイクオリティでクラシックな帽子を提供し続ける英国ブランドです。妥協なき真のクラフトマンシップによって生み出されるTom Smarteトム スマートの帽子は、230年に渡る伝統と歴史、技術の結晶そのものです。

ロンドンにデザインの本拠地を置くTom Smarteトム スマートの帽子は、パリ、ニューヨーク、コペンハーゲン、東京等、世界の大都市にも行き渡っています。そのブランドロゴは、品質の高さを示すと共に、モダンさや紳士性、都会的スタイル等のファッション性をも紛れもなく証明しています。

Tom Smarteトム スマート流、英国式スタイル

Tom Smarte(トム スマート)

定番スタイルの紳士帽を高い技術と品質で提供し続ける。

Tom Smarteトム スマートによる高級紳士帽コレクションは、フラット・キャップ、ポークパイハット、フェドラ、トリルビー、ニュースボーイ・キャップ等、帽子における全ての典型的なシルエットをカバーしています。

クラシックなスタイルは、時を経ても変わらぬ流行です。Tom Smarteトム スマートは、全ての時代、全ての男性に向け、最も相応しい帽子スタイルを常に提示しています。

全ての作品は、一つ一つが愛情を込めて手作業にて作り出されるものです。
Tom Smarteトム スマートの帽子は、ブロッキング、蒸気による整形、ステッチ等、数多くの昔ながらのテクニックを用い、手間暇をかけて制作されます。
高い専門性を持つ熟練職人が、幾世代にも渡り受け継がれてきた技巧を揮い、英国とイタリアにて帽子に命を吹き込んでいるのです。

帽子に用いられる生地は、ツイード、ウール、毛皮フェルト、メリノウールやカシミア等の高品質な素材で、クラシックな色合いをベースとしています。それぞれの帽子が、あなたのワードローブを彩る完璧なアクセサリーとなるよう、あらゆるファッション・スタイルを意識してデザインされます。

Tom Smarteトム スマートのスタイルは、時代を問わない伝統的なものではありますが、洗練された微細なアレンジと高級生地による上品さが華を添え、現代人の要求を満たす仕上がりとなっています。

230年の間に培われ、受け継がれた、大いなる伝統

Tom Smarte(トム スマート)

Tom Smarteトム スマートは、1770年代以来、英国帽子の代名詞となっている。

数百年の歴史を誇る英国の帽子作りは、非常に熟練しています。その豊かでカラフルな有様は、文化遺産とも言うべきものです。
この文化に触発され研鑽された技を受け継いだTom Smarteトム スマートの名は、英国帽子の代名詞として、イギリス、ヨーロッパにおいて普及しています。

1786年、Thomas Smarteトーマス スマート創業者であるトーマス・スマートは、弟子のロバート・メイナードと共に、イングランド南西部のデボンにて帽子制作を開始します。一時はヨーロッパ中の紳士に愛されるまでに成長したThomas Smarteトーマス スマートですが、やがて表舞台から姿を消すことになります。

Tom Smarteトム スマートは、Thomas Smarteトーマス スマートの歴史と伝統を現代に繋ぐため、そして最も素晴らしい品質と個性を持つ帽子を作るために誕生しました。この英国高級ブランドは、今も昔も変わらず手作業による工程にこだわり、都会に住む紳士達に向けて、上質な紳士帽を提供することを使命としています。

世界のセレブたちを魅了してやまない、Tom Smarteトム スマートの高級紳士帽。

Tom Smarte(トム スマート)

人気俳優やスポーツ選手等、世界中の著名人達から熱い支持を集めるTom Smarteトム スマートの帽子。

Tom Smarteトム スマートの帽子は、世界のセレブたちの間で愛用されています。映画「007シリーズ」のジェームズ・ボンド役で知られる俳優ダニエル・クレイグもその一人です。

ダニエル・クレイグは、主演した「007 カジノ・ロワイヤル」「007 スカイフォール」においてシリーズ最高の興行収入を2度も記録したという実績をもち、「ショーン・コネリー以来最高のボンド」との呼び声も高い、現代イギリスを代表する名優です。

この他にも、トム・ハーディー、キリアン・マーフィー、イドリス・エルバ、マイケル・ファスベンダーといった世界の映画界で活躍する人気俳優たちが、Tom Smarteトム スマートの帽子を着用しています。

また、スポーツ界のみならず、世界のファッション・シーンをリードする存在でもある、元サッカー選手のデビッド・ベッカムも、Tom Smarteトム スマートの帽子を愛用している著名人の一人です。

2002年のサッカー日韓ワールドカップでの来日時には、独自の"ベッカム・ヘア"で一世を風靡したデビッド・ベッカムは、引退後も世界を代表するセレブリティ、ファッション・リーダーとして広く知られています。

また、ザ・ジャム、ザ・スタイル・カウンシルといったロックバンドのフロントマンとして知られるミュージシャンのポール・ウェラー、有名ブランドの広告などで世界的に活躍するファッションモデルのデヴィッド・ギャンディなど、各界のセレブたちがTom Smarteトム スマートの帽子を身に着けています。

このようにTom Smarteトム スマートの帽子は、多くの著名人たちから熱い支持を集めているのです。

Tom Smarteトム スマートの歴史

1786年 ―― Thomas Smarteトーマス スマートの創業
Tom Smarte(トム スマート)

創業者トーマス・スマートは、弟子のロバート・メイナードを引き連れ、イングランド南西部のデボンにて帽子事業を開始します。

1812年 ―― ヨーロッパ本土への進出
Tom Smarte(トム スマート)

トーマス・スマートの息子が父の跡を継ぎ、海を越えてヨーロッパ本土に進出。英国ハットや素材の取引をグローバルに開始します。

1891年 ―― 帽子事業の移転
Tom Smarte(トム スマート)

トーマス・スマート4世は、当時英国の帽子製造の中心地であったルートン(ロンドンの北約50km)に拠点を移動します。

2013年 ―― 現代のTom Smarteトム スマート
Tom Smarte(トム スマート)

トーマス・スマートによって誕生し、200年以上にも渡り伝承された巧みな技術は、アーロン・ズルーフの手によりロンドンで華々しい復活を遂げます。

アーロンは何世代にも続く帽子職人の出身で、アーロンの祖父は、トーマス・スマートの腕利きの職人でした。トーマス・スマートの技法、伝統、ツールは、アーロンの祖父が引き継ぎ、やがてトーマス・スマートは「トム・スマート」としてアーロンによって復刻を遂げることになります。何世代にも渡る帽子業界での経験をもとに、クリエイティブな審美眼と現代的なデザインセンスを活かして、最高峰の帽子製造技術の継承に熱い情熱を注いでいます。

Tom Smarteトム スマートギャラリー

  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)
  • Tom Smarte(トム スマート)

英国が誇るTom Smarteトム スマートの高級紳士帽コレクション

Tom Smarte(トム スマート)

Tom Smarteトム スマートは、1776年創業の名門老舗帽子ブランドThomas Smarteトーマス スマートの技術と伝統を継承する英国ロンドンの高級紳士帽子ブランドです。長い歴史の間に研ぎ澄まされた技術、素材やデザインに対する審美眼は、素晴らしい品質の高級帽子を生み出し、現代の紳士達を魅了してやみません。

トム スマートは、「良い帽子は、男性が所有できる衣類の中で、最も汎用性の高いアイテムである」との考えを持っています。その理念を礎石として生み出される帽子は、見た目と耐久性を備え、目利きの英国紳士達をも唸らせる納得の出来栄えです。

英国が誇るTom Smarteトム スマートの高級紳士帽コレクション。その高い品質、ファッション性、被り心地を、ご自身の目と体でお確かめください。


Tom Smarteトム スマートの帽子について

Tom Smarte(トム スマート)の帽子について

Tom Smarteトム スマートの帽子は、ファッションにおける外見的こだわりを示すだけでなく、毎日の着用に耐えうる機能性も意図しています。230年の歴史を受け継ぐロンドンの名門紳士帽ブランドTom Smarteトム スマートの帽子の魅力を、ぜひご自身の目でお確かめください。

Tom Smarteトム スマートが誇るスマートなデザイン、高い機能性

Tom Smarte(トム スマート)

Tom Smarteトム スマートは、1786年に創業された老舗帽子メーカーThomas Smarteトーマス スマートの系譜を引き継ぐ英国の高級紳士帽ブランドです。200年以上の歴史と共に、英国の職人技の伝統と、現在の素晴らしい英国のデザインの融合を表現しています。

トム スマートは、帽子愛好家にはもちろんですが、そうでない方々に向けても広く間口を開いています。カジュアル・スタイルを着ることに慣れている一方で、よりスマートなファッションを帽子で演出してみたいと考えている方、帽子というアイテムは好きなのに、似合う帽子が見つからないと思っている方――すなわち、帽子選びに迷いを持つ初心者にとっても、存分に帽子を楽しめるよう制作されています。

Tom Smarte(トム スマート)

高品質の材料と巧みな技術による制作過程は、平均的な帽子よりもはるかに長い間、Tom Smarteトム スマートの帽子が長持ちすることを意味しています。
適切な手入れを行えば、帽子は時と共に味わいや深みを増し、人間と同じように「良い年の取り方」をすることを、Tom Smarteトム スマートは知っているからです。
また、いくつかの帽子はクラッシャブル(折り畳み可能)であり、防水性を持っています。

Tom Smarte(トム スマート)

もしあなたがスタイリッシュでお洒落な帽子を探しているなら、あるいは機能的な帽子を求めているなら、Tom Smarteトム スマートの帽子という選択が、あなたの待っていた答えです。
全ての帽子が無限の可能性を持ち、あなたが思い感じるままに最高のファッションを作り出せるよう、真心を持って作られています。

230年の歴史を誇るロンドンの名門老舗の帽子、その高い品質、ファッション性、被り心地を、ご自身の目と体でお確かめください。

トム スマートによる帽子のスタイル・ガイド

Tom Smarte(トム スマート)

良い帽子は、男性が所有できる衣類の中で、最も汎用性の高いアイテムです。帽子を被るだけで見た目の印象がガラッと変化を遂げ、様々なファッション・スタイルを楽しむことができます。

帽子の力は、ファッション性だけに留まりません。寒暖を機能的に調整することができ、灼熱の太陽や身を切るような寒風からあなたの頭部を保護してくれます。

帽子には多種多様のフォルムが存在し、そのどれもが、あなたの顔かたちを変化させる魔法のような効果を持っています。そのため、自身の顔の形状に応じて、似合う種類の帽子を選択することが重要となってきます。

Tom Smarte(トム スマート)

長年に渡り、Tom Smarteトム スマートのスタッフ達は、「私には帽子が似合わない」という人々の声を聞いてきました。

おそらく、数少ない種類の帽子を2、3サイズ展開ほどしか取り揃えていない一般的な大手店で試着した経験が、似合わないという結論に到着した理由ではないでしょうか。

この経験は、大きすぎる3サイズのブーツの中から無理矢理一つを履いてみて、「私にはブーツが似合わない」と結論付けているようなものです。種類とサイズ、多くの選択肢なくして、誰が自分に相応しい帽子と出会えましょうか。

Tom Smarte(トム スマート)

この風潮を嘆いたTom Smarteトム スマートのスタッフが直々に筆を執り、Tom Smarteトム スマートを代表する帽子のスタイルを解説しながら、帽子選びを助けるためのガイドを公開しています。その翻訳を日本の皆様にもご紹介いたします。

経験豊富な老舗ブランドスタッフによるスタイル・ガイドが、あなたに似合う帽子との幸せな出会いをもたらすことでしょう。

Tom Smarteトム スマートの紳士帽「フェドラ」スタイル
Tom Smarte(トム スマート)
フェドラとは
Tom Smarte(トム スマート)

フェドラとは、19世紀を台頭する帽子の一つとして英国紳士達に愛用されていた定番のハットです。

もともとフェルト製の中折れソフト帽を指す言葉であり、1882年公開の戯曲 Fedora でかの女優サラ・ベルナールが演じた主人公が似た形状の帽子を被っていたことから、この名で呼ばれるようになりました。

非常にフォーマルなホンブルクスタイルの帽子から発展し、1920年代に広く普及したフェドラ。
主な特徴は、前下がりかつ5~6cmの広いブリム(つば)、センター・クリースと呼ばれるクラウン(頭頂部)中央の窪み、フロント・ピンチと呼ばれるクラウン前のへこんだつまみ(クラウンの尖部)にあります。

フェドラ・スタイルは、冬のフェルトハットだけでなく、夏のパナマハットでもよく見かける人気の形です。

フェドラが似合うタイプ

フェドラは着用が非常に簡単な帽子で、ほぼ全ての顔型に適しています。
ただし、長さの短いお顔には向きません。顔を左右対称に見せるには、帽子とのバランスをとる必要があります。眉毛から顎にかけての長さが短い方がブリムの広いフェドラを被ると、頭が重く大きく見えてしまいます。

フェドラの基本的な被り方 & コーディネート例

頭の前から後ろにかけてフェドラを被り、サイドにごくわずかな傾斜を付けて、見た目を調整します。
フェルト製のフェドラとおすすめのコーディネートは、トレンチコートやテーラードスーツです。インディ・ジョーンズのように、レザージャケットと組み合わせても良いでしょう。
パナマハットのフェドラには、全面がフラットかつスリムでフィットするタイプのチノパンや、麻(リネン)のシャツ等が良く似合います。
フォーマルな装いに大変合わせやすい帽子でもあります。

Tom Smarteトム スマートの紳士帽「トリルビー」スタイル
Tom Smarte(トム スマート)
トリルビーとは
Tom Smarte(トム スマート)

トリルビーは、中折れ帽の一種です。
ブリムが極端に短く、前下がり後ろ上がりとなっており、中折れ帽の一種であることから分かるように、クラウン(頭頂部)中央が縦に窪んでいます。

トリルビーという名は、1894年にジョージ・デュ・モーリアが発表した小説 Trilby の劇場版に由来しています。

前述のフェドラとトリルビーのデザインは一見非常に似ていますが、その微妙な違いはブリム(つば)の幅にあります。ささやかな違いでありながら、これは強力な変身効果を生み出すものです。どちらの帽子の方があなたの顔型に映えるのか――二つの帽子は全く異なる見た目を演出する、似て非なる帽子と言えましょう。

トリルビーの特徴

トリルビーは、フェドラよりも若干狭い4cm程度のブリムを持っており、多くの場合、クラウンはティアドロップ(涙型)やフロント・ピンチ(クラウン前のへこんだつまみ)の形状で作られています。
ブリムは後ろの部分でくるりと折り返され、時には、スナップブリム(ブリムの前側だけ下がった形状)となる傾向にあります。この傾向は、フェルト、ウール、綿や植物繊維と、あらゆる素材のトリルビーで見かけることができます。

トリルビーが似合うタイプ

トリルビーは、短いお顔や、卵形のお顔に似合います。中間程度の長さのブリムが、短いお顔にバランスを与えてくれます。卵形のお顔は、全ての帽子が似合う万能な顔型ですから、もちろんトリルビーも似合います。

トリルビーの基本的な被り方 & コーディネート例

トリルビーは着用方法によって、スマートもしくはカジュアル、二種類の表情を演出します。
前者のスマートでクラシックな着用方法は、フェドラ同様、頭の前から後ろにかけて被り、サイドにごくわずかな傾斜を付けて、見た目を調整するものです。
後者のカジュアルな着用方法は、頭の後ろから前へ向けてトリルビーを被り、ブリムを折り返して裏を見せるものです。
トリルビーは、ジーンズ&Tシャツというカジュアルスタイルには理想的な帽子です。ミリタリー・ジャケットとの組み合わせも良いでしょう。

Tom Smarteトム スマートの紳士帽「フラット・キャップ」スタイル
Tom Smarte(トム スマート)
フラット・キャップとは
Tom Smarte(トム スマート)

フラット・キャップは、帽子を被り慣れていない方にとって、最も気軽に取り入れることができる帽子です。
中折れ帽のように整形された帽子よりもカジュアルでありながら、野球帽よりもスマート――Tom Smarteトム スマートのスタッフによれば、フラット・キャップはワードローブに「必須」の帽子です。

フラット・キャップが英国で普及した背景には、風変わりな法律があります。1571年の議員法により、貴族と大学院生を除く6才以上の全ての男性が、日曜と休日にウール・キャップを着用するよう定められました。これを破ったものは、青銅貨三枚の罰金を支払わねばなりませんでした。奇妙な法律の目的は、英国内のウール消費を促進させることでした。この法律は1597年に廃止されますが、その間、フラット・キャップは労働者階級の人々に広く根強く普及を遂げます。

1920年代を迎える頃には、あらゆる人々が階級を問わず、フラット・キャップを着用するようになりました。現在、英国で着用される帽子の中で最も人気のあるスタイルとして、フラット・キャップが野球帽にとって代わっています。

フラット・キャップが似合うタイプ

フラットキャップは、長さの違うつば(ひさし)に、複数枚の布地パーツから形作られています。この布地パーツは、側面に多くの布地を用いた伝統的な形、もしくは、布地を減らしてモダンでスマートな外観を強調した形等があり、多彩な見た目を生み出します。
フラット・キャップは、布地の組み合わせによって、色柄やフォルムに多くのバリエーションを持っているので、誰もがその中から自分に似合う一つを見つけることができるでしょう。

フラット・キャップの基本的な被り方 & コーディネート例

後ろから前にかけ、フラット・キャップを頭部に置きます。ほとんどのフラット・キャップは、湾曲したつば(ひさし)を持っていますが、もしそうでない場合、あなたの手で好みのカーブに曲げても良いでしょう。つばを丸めると顔に陰影ができ、小顔に見える効果が生まれます。
フラット・キャップは、上級者に大変好評な、洗練されたカジュアルスタイルを実現してくれることでしょう。Tシャツ&ジーンズとの融和に留まらず、生地やデザイン、色の選択に応じては、オーダーメイド・スーツ姿の大きな最終的仕上げになり得るかもしれません。

Tom Smarteトム スマートの紳士帽「ニュースボーイ・キャップ」スタイル
Tom Smarte(トム スマート)
ニュースボーイ・キャップとは

ニュースボーイ・キャップという名の通り、19~20世紀後半、新聞配達の少年達が被っていた帽子として映画等でお馴染みです。別名として、キャスケット、ベーカーボーイ・キャップ(パン屋の少年の帽子)とも呼ばれます。ボーイと名が付きますが、少年に限らず、造船会社や農民等、労働者階級の男性たちも好んで被っていたと言われています。

フラット・キャップに似ていますが、ニュースボーイ・キャップは通常、8枚の布とトップのボタンを持っており、ふっくらとしたシルエットが特徴です。
数多のツイードのフラット・キャップと似ていますが、構造にはより多くの素材が用いられており、ニュースボーイ・キャップは、帽子制作の技巧において様々な段階的変化を遂げています。

近年英国では、BBCの古典的ドラマ Peaky Blinders の放映で注目を集め、流行の復活と共に人々を楽しませています。

ニュースボーイ・キャップが似合うタイプ

フラット・キャップほど汎用性はありませんが、ニュースボーイ・キャップはお顔に左右対称性を加えてくれるので、丸顔、四角い顔、卵形の顔と、ほとんどの顔型に適する帽子です。

ニュースボーイ・キャップの基本的な被り方 & コーディネート例

ニュースボーイ・キャップは、フラット・キャップと同じように、後ろから前にかけ着用します。つば(ひさし)が湾曲している方が、お顔に馴染みます。Tom Smarteトム スマートの全てのニュースボーイ・キャップは、事前につば(ひさし)を湾曲形成しています。
ニュースボーイ・キャップは、スマートで何気ない表情を演出することに長けています。

ニュースボーイ・キャップの愛用者として、デビッド・ベッカム、英国俳優のイドリス・エルバ、ブラッド・ピットがよく知られており、彼らのファッションがコーディネートの参考となることでしょう。

Tom Smarteトム スマートの紳士帽「ポークパイハット」スタイル
Tom Smarte(トム スマート)
ポークパイハットとは
Tom Smarte(トム スマート)

ポークパイハットのユニークな形は、フェドラやトリルビー、他のスタイリッシュな紳士帽と同様に、被る人の主張を燦然と輝かせます。

ポークパイハットは、19世紀後半に英国で広まった帽子です。その後、1920年代にサイレント映画のスター、バスター・キートンが幾つかの映画で着用したことを機に、より普及を広めます。

ポークパイハットの特徴は、非常に短いブリム(つば)と、平たくわずかに丸みを帯びたクラウン(頭頂部)にあります。ポークパイハットという名は、上から見たシルエットがイギリスの伝統的料理ポークパイに似ている事に由来します。

このヴィンテージ帽子は、英国の人気TVシリーズ「ブレイキング・バッド」の主役、ハイゼンベルク(別名、化学教師ウォルター・ホワイト)のトレードマークとして注目を集め、デザイナーズ・ハットとして流行の復活を迎えました。

ポークパイハットが似合うタイプ

ポークパイハットは、お顔の長い方、短い方、卵形の方ならば、どなたも簡単に被ることができます。また、あまり背を高く見せたくない方にとって、平たくクラウン(頭頂部)の高さがないポークパイハットは、理想的と言えましょう。

避けるべきは、丸顔、四角い顔の方です。Tom Smarteトム スマートのスタッフの経験則として、帽子のブリム(つば)は下顎の輪郭よりも広い方がおすすめです。ポークパイハットは、トリルビーやフェドラよりも短いブリム(つば)を持つ傾向にあり、お顔の丸さや四角さを強調してしまいます。

ポークパイハットの基本的な被り方 & コーディネート例

前述したTVシリーズ「ブレイキング・バッド」のハイゼンベルクがとても適切に示しているように、この帽子を被る最高の方法は、帽子が一直線になるよう配置することです。
ポークパイハットはトリルビー同様、スマートなスタイルだけでなく、カジュアル・スタイルも完成に導いてくれる帽子です。カジュアル派の方には、重宝する逸品となることでしょう。

Tom Smarteトム スマートの紳士帽「パナマハット」スタイル
Tom Smarte(トム スマート)
パナマハットとは
Tom Smarte(トム スマート)

英国においてパナマハットは、夏のファッションに魅力を加えるワードローブの必需品です。このスタイリッシュな夏の紳士帽は、テニスのウィンブルドンやグラストンベリーをはじめ、夏の結婚式でも見られるように、英国全体で人気が上昇している完璧なアクセサリーです。

しかし、同じような天然素材のトリルビーやフェドラとは、どう異なるのでしょうか?

本物のパナマハットは、エクアドル原産であるパナマ草から作られている伝統的な帽子です。重くて脆い藁とは異なり、非常に軽量かつ耐久性に優れ、とても繊細な編み目を生み出します。

何故エクアドルの伝統であるパナマハットが、世界的に知られるようになったのでしょうか?
その理由は、太平洋と大西洋を結ぶ48マイルもの長いパナマ運河の建設に遡ります。

パナマ運河の建設が開始した1881年、多くの労働者の手によって、強い日差しから身を守るため、軽くて丈夫なパナマハットがエクアドルから持ち込まれました。建設風景を写した写真が世界に広まり、それを目にした多くの人々が、「どこでこの帽子を手に入れることができるのか?」と思うようになります。1914年になると、ルーズベルト大統領がパナマ運河訪問時にこの帽子を着用。以来「パナマハット」の名で世界中に知れ渡る事となりました。

パナマハットは、編み目の細かさに応じて異なるグレードに分類されます。編み目が細かいほど、より軽く柔軟性を増し、制作にコストと時間、技術を要します。
エクアドル沿岸の町、最高級パナマハットで知られるモンテクリスティを参照するに、パナマハットのグレードはブランドによって異なり、統一した基準は定まっていないようです。
パナマハット製造の地として最も著名であるのはモンテクリスティですが、エクアドルの山間部にある町クエンカも、パナマハット製造のメインエリアとして名を馳せています。

エクアドルに伝わる伝統的なパナマハットは、常に黒リボンとナチュラルカラーをしており、古典的なツバ広のフェドラ型で制作されています。しかし、Tom Smarteトム スマートでは、その伝統的な境界を少し変更し、より現代的なリボンや色の組み合わせを展開すると共に、古典的なフェドラだけではなく、トリルビーやポークパイハットのシルエットも取り入れ、ファッショナブルなパナマハット・コレクションを公開しています。

トム スマートは、伝統的なパナマハット・スタイルが一般的である中、より個性的なニュー・パナマハットを提供し、一味違うあなただけの夏の装いをお手伝いします。

あなたの顔の形から、似合う帽子を見分けよう!

卵型のお顔に似合う帽子
Tom Smarte(トム スマート)

どの帽子もお似合いです。避けるべき帽子はありません。

●フェドラ
●フラット・キャップ
●ニュースボーイ・キャップ
●ポークパイハット
●トリルビー

小顔のお顔に似合う帽子
Tom Smarte(トム スマート)

均整を取るために、サイズを補うタイプがお勧めです。フェドラ、ニュースボーイ・キャップは避けたほうが無難です。

●ポークパイハット
●フェドラ
●フラット・キャップ

長いお顔に似合う帽子
Tom Smarte(トム スマート)

奥行を増やさない限り、長さを強調しない帽子がお勧めです。トリルビーは避けたほうが無難です。

●ポークパイハット
●フェドラ
●フラット・キャップ

丸顔に似合う帽子
Tom Smarte(トム スマート)

高さを加えてくれる縁の広めの帽子がお勧めです。ポークパイハット、トリルビーは避けたほうが無難です。

●フェドラ
●ニュースボーイ・キャップ

四角いお顔に似合う帽子
Tom Smarte(トム スマート)

2つ選択肢があります。均整を出すために、広いツバの帽子、もしくは平らなキャップがお勧めです。ポークパイハット、トリルビーは避けたほうが無難です。

●フェドラ
●フラット・キャップ
●ニュースボーイ・キャップ

あなたのファッションカラーから、似合う色を見分けよう!

もうすでにあなたの洋服に似合う色をご存知かもしれませんが、あなたのファッションを完結させる色を見てみましょう。ワイシャツやインナーではなく、コート、ジャケットもしくはパンツに合うものをお勧めします。そうすることによって、トータル的に見たときによりバランスが取れるはずです。

ちなみに、Tom Smarteトム スマートでは黒をあまりお勧めしておりません。グレイがよりスタイリッシュでより活躍すると信じております。

黒もしくはグレイ
Tom Smarte(トム スマート)

帽子の色は「グレイ」がお勧めです。

青もしくはデニム
Tom Smarte(トム スマート)

帽子の色は「茶、グレイ、青、ネイビー」がお勧めです。

茶もしくはキャメル
Tom Smarte(トム スマート)

帽子の色は「茶、ベージュ」がお勧めです。

グリーン
Tom Smarte(トム スマート)

帽子の色は「青、ネイビー」がお勧めです。

赤もしくはワインレッド
Tom Smarte(トム スマート)

帽子の色は「グレイ、青、ネイビー、茶」がお勧めです。

スタイル・ガイドの最後に ~Tom Smarteトム スマートから~

トム スマートの帽子は、良質で古典的なスタイルを基本としながら、現代的な流行を取り入れています。

トム スマートのスタッフは、「この中折れ帽子は私のジーンズスタイルに合うでしょうか」という質問をよく受けています。
Tom Smarteトム スマートでは、様々なコーディネートによく似合うシリーズを提供してきました。これはあなたの装いをいかに完璧にするかの提案でもあります。
帽子が何に合うかだけではなく、どう全体的に雰囲気を作り出すかを提案しております。Tom Smarteトム スマートの帽子が、あなたの個性をより引き出すきっかけになれば幸いです。