春のファッションには「爽やかなハンチング帽」で季節感を

2018/03/01

  • 帽子コーディネート
  • 帽子の知識


もうすぐ春です。
寒さが和らいでくると、ウキウキしておでかけしたくなりますよね。おじさんだってお洒落したくなる季節です!

男性の春のおでかけには、どんなファッションがよいでしょうか?
気温も気分も上がってくるこの季節、冬の間着ていたダークなカラーのアイテムを脱ぎ捨て、春らしいさわやかなファッションを身にまといたいものです。

でも、一気に薄着になってしまうのは要注意。「花冷え」という言葉もあるように、急な気温の変化で肌寒さを感じることも多々あるからです。

「暖かさキープしつつ春らしさを出したい」という春先の気候には、小物で季節感を取り入れるのがオススメです。例えば、ハンチング帽なんていかがでしょうか?
ハンチング帽の起源は、19世紀半ばのイギリスにおいて、乗馬や狩猟に向けたアウトドア用の帽子として生み出されました。頭の形にフィットし動いてもずれにくいので、春のおでかけにピッタリなのです。また、ハンチング帽なら春らしい色や柄も多いので、季節感を取り入れやすいですし、普段使いにも取り入れやすいアイテムなので、気負わないオシャレなファッションとなるのです。

では、具体的にどんなハンチングが早春にオススメなのでしょうか?
春にオススメのハンチングを一言で言うと、「爽やか」なハンチングです。見た目の「爽やか」さを演出するには、素材とカラーが重要となります。
オススメのハンチング帽をご紹介しながら、素材とカラーのチェックポイントを挙げていきましょう。

目次

素材をチェック

春にオススメの素材は、麻(リネン)、綿(コットン)、絹(シルク)などです。また、これらに、ポリエステルやナイロン、ポリウレタンが混紡された素材のものも良いでしょう。
反対に、羊毛(ウール)は保温性が高く秋冬のハンチングに向く素材です。本格的に暖かくなると、暑そうに見えてしまいますので避けましょう。ただし、羊毛(ウール)と綿(コットン)を混紡した素材であれば、春でもオススメです。

麻(リネン)

麻(リネン)は、吸湿性・速乾性に優れているので、サラッとした肌触りが心地良く、素材自体に涼しさを感じられます。

おすすめ
Irish Linen Cap(アイリッシュ リネン キャップ)
FILSWORTH(フェイルスワース) https://www.andlips.jp/goods_fwsh002.php
5,500(税込5,940)

シンプルなデザインと豊富なカラー展開が人気のハンチングです。
素材は、主にヨーロッパ北部で栽培されている亜麻を原料とした、最高品質のリネン、アイリッシュリネン。
シャリッとした爽快な肌触りが特徴で、日本の伝統的な苧麻(ラミ-)よりも風合いがソフトで優しいことも魅力です。

綿(コットン)

綿(コットン)は、シャツや肌着など日常的な衣類でもおなじみ。吸水性が高いため、汗をかきやすい春夏の着用に最適。表面はさらりとした質感で肌ざわりもなめらかです。

おすすめ
ORCO NUVOLA(オリコ ヌヴォラ)
Panizza(パニッツァ) https://www.tokiyado.com/goods_pnh028.php
10,500(税込11,340)

さらりと肌ざわりが心地よい綿100%の爽やかハンチングです。ハンチングには珍しい、頭頂部から放射線状の6枚はぎのデザインがおしゃれ。
ブリムのネイビーが全体を引き締めて、顔回りをスッキリ見せる効果があります。
カジュアルスタイルに合わせたいハンチング帽です。

絹(シルク)

シルク繊維は、人間の肌に近いタンパク質で構成されているため、肌との相性がいいことも魅力。繊維自体が細く軽いため、生地として仕立てた場合にも軽量になり、通気性・吸水性にも優れているので、春夏に好適な素材です。

おすすめ
AMBRA RISACCA(アンブラ リサッカ)
Panizza(パニッツァ) https://www.tokiyado.com/goods_pnh025.php
11,500(税込12,420)

絹100%の涼やかな質感と軽い被り心地が魅力のハンチング帽です。
使用している絹は、短繊維を短く切断し綿状にした絹繊維を細く紡いだ、紡績糸(スパンシルク)という種類で、一般的なシルクの光沢はなく、ふんわりとした肌触りが特徴です。

羊毛(ウール)

羊毛(ウール)の特徴は、熱伝導率が低く温かいこと。また弾力性・伸縮性に優れ、汚れにも強いことが挙げられます。しっかりと固く丈夫に仕上げることができるため、型くずれしにくく、しわになりにくいといった特性があります。
見た目にも温かい素材なので、春に被る帽子の素材としてはオススメしません。

ただし、羊毛(ウール)×綿(コットン)のような混紡素材であれば、羊毛(ウール)の利点に、綿(コットン)の利点が合わさり、さらりとした質感となるため、春先であれば着用しても違和感はありません。

早春ならOK
ORCO CASCATA(オルコ カスカータ)
Panizza(パニッツァ) https://www.tokiyado.com/goods_pnh014.php
11,500(税込12,420)

デニムのような風合いの生地と、グレーストライプの生地を交互に配したデザインが個性的なハンチング。素材は、バージンウール57%とのコットン43%です。
素材にウールが使われていることと、裏地のキルティング加工により保温性が高く温かい。秋冬物のハンチングですが、明るいカラーなので春も爽やかにかぶれます。

春には不向き
DORA LUPO(ドーラ ルーポ)
Panizza(パニッツァ) https://www.tokiyado.com/goods_pnh011.php
11,000(税込11,880)

ウール100%のハンチング帽。ざっくり厚手に編みこまれたウール生地が温かいイメージなので、春に被るのはNGです。

皮革素材

皮革(レザー)は、柔軟で耐久性・防寒性の高い素材です。秋冬物に向く素材ですが、「薄手でしなやかなの皮革であること」「明るめの色であること」といった条件を満たせば、春先に着用できるものもあります。

おすすめ
RANGE GLORY(レンジ グローリー)
HERMAN(ヘルマン) https://www.tokiyado.com/goods_hmsh002.php
18,000(税込19,440)

本革ハンチング帽。軽くソフトな仕上げであるため、春夏秋冬を通じて、オールシーズンで楽しめます。明るめのカラーは、春夏のコーディネートにもぴったりです。

本格的に暖かくなったらNG
Anas(アナス)
Sterkowski(ステルコフスキー) https://www.tokiyado.com/goods_skh001.php
13,000(税込14,040)

高級素材カーフスキンのダックビル・ハンチング。キメ細やかで光沢のある生地、しっとりと吸い付くような手ざわりが魅力です。
内側もキルティング素材で、保温性・防寒性に優れているため秋冬にオススメな商品。春先着用する場合は暑苦しくならないように、着るものを爽やかなものにするなどの工夫が必要です。

カラーをチェック

春にオススメのカラーは、明るめの爽やかなカラーがおススメです。ただ、ネイビーやブラウンなど濃いめのカラーでも、爽やかさを出すこともできます。

明るめカラー

ベージュ、明るいブルー、明るいピンク、明るいグレーなどがおススメです。 明るい色といっても「真っ白」なものは、寒々しい印象を与えることもあるので、春先の季節には注意が必要です。
明るい色味のものであれば、ウール混素材や皮革素材のものでも爽やかに見えます。


ベージュ
Mosaico(モザイコ)
MARONE(マローネ)
8,000(税込8,640)
素材:ビスコース

明るめのピンク
DISPATCH JOURNEY(ディスパッチ ジャーニー)
HERMAN(ヘルマン)
12,000(税込12,960)
素材:コットン/ポリウレタン

明るめのグレー
Silk 6 Piece Cap(シルク 6 ピース キャップ)
FAILSWORTH(フェイルスワース)
8,000(税込8,640)
素材:シルク

明るめのブルー
TICINO MARE(ティチーノ マーレ)
Panizza(パニッツァ)
10,500(税込11,340)
素材:コットン65%、リネン33%、ポリウレタン2%

真っ白
Irish Linen Cap(アイリッシュ リネン キャップ)
FAILSWORTH(フェイルスワース)
5,500(税込5,940)
素材:アイリッシュリネン

濃いめのカラー

ネイビーやブラウンなど濃いめのカラーでも、素材が春夏向きのものであれば爽やかさを出すこともできます。


ダークブラウン
Irish Linen Duckbill(アイリッシュ リネン ダックビル)
FAILSWORTH(フェイルスワース)
6,250(税込6,750)
素材:アイリッシュリネン

ネイビー
TICINO COTONE(ティチーノ コトーネ)
Panizza(パニッツァ)
9,000(税込9,720)
素材:コットン

春にオススメの「爽やかなハンチング帽」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ぜひ、あなたのお気に入りのハンチング帽をみつけて、春のお出かけの相棒にしてくださいね。