パナマハットの基礎知識2 パナマハットの編み方の種類

2018/03/13

  • 帽子の知識


『 パナマハットの基礎知識1 パナマハットとは 』では、パナマハットとは何かについてご紹介いたしました。
しかしながら、一口にパナマハットといっても、色々なタイプがあるんです。

このタイプの違い、ざっくり言うと「編み方の違い」にあるんです!
というわけで、今回はパナマハットの編み方の種類とその特徴についてご説明いたします。

パナマハットの編み方の種類が分かれば、パナマハット選びが益々楽しくなりますよ♪


パナマハットの編み方は大きく分けて3種類に分けられます。
網代編み、石目編み、かぎ針編みです。その他にも、この3種類をアレンジした、透かし編み・飾り編み、柄編み、寄り合わせ編みといった編み方もあります。

編み方によって、パナマハットの印象やかぶり心地などが異なってきます。
それぞれの編み方の説明と特徴、またその編み方を用いているパナマハットをご紹介していきましょう。

目次

網代編み

トキヤ草を1本ずつ上下するのではなく、2本ずつタテ材を超えたり、潜ったりして編み上げられた編み方。Llano(リャノ)とも呼ぶブランドもあります。目が詰まっていて美しい光沢があり、しなやかな使い心地が特徴です。
繊維が細くなると、目が詰まったこの編み方で編む必要があります。なので、最高級とされるパナマハットは網代編みで作られています。

【網代編みの編み目の図】
V字が連続して見えるのが特徴です。

【網代編みの編み目の拡大写真】
繊維が細ければ細いほど目が詰まっています。艶があり美しい印象です。

網代編みのパナマハット

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
CAVALIERE(カバリエレ)40,000(税込43,200)

BERNAL(ベルナール)
ACORDE(アコルデ)20,000(税込21,600)

BERNAL(ベルナール)
GLORIA(グローリア)35,000(税込37,800)

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
ANHELO(アネロ)20,000(税込21,600)

石目編み

トキヤ草を1本ずつ交差させる編み方。Brisa(ブリーサ)とも呼ぶブランドもあります。目のつまりがそれ程きつくないので、風通しが良く、軽快なかぶり心地が特徴です。

【石目編みの編み目の図】
1本ずつ交差して見えるのが特徴です。

【石目編みの編み目の拡大写真】
網代編みと比較する目が粗くざっくりしています。より涼し気な印象です。

石目編みのパナマハット

Panizza(パニッツァ)
CAPRI BIANCO(カプリ ビアンコ)22,500(税込24,300)

Panizza(パニッツァ)
TENA SEMIBIANCO(テナ セミビアンコ)22,500(税込24,300)

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
VERDE(ベルデ)20,000(税込21,600)

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
ALONDRA(アロンドラ)14,000(税込15,120)

かぎ針編み

太めの素材をかぎ針で編み上げる手法。Medio Punto(メディオプント)と呼ぶブランドもあります。ざっくりとした編み目でカジュアルな印象。ずっしりとした重量感があります。

【かぎ針編みの編み目の拡大写真】
より目が粗くカジュアルな印象です。

かぎ針編みのパナマハット

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
JUNGLA MP(ジャングル MP)12,500(税込13,500)

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
CANTARE(カンターレ)12,500(税込13,500)

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
RISOLUTO(リソルート)12,500(税込13,500)

Pasha(パシャ)
CORRIENTE(コリエンテ)12,500(税込13,500)

その他、3種類をアレンジする編み方

透かし編み、飾り編み

穴あき模様を施した編み方。通気性が高く、かぶり心地はもちろん、見た目にも涼し気な印象があるのが特徴。

【透かし編み、飾り編みの拡大写真】
透かし模様は、穴の大きさ、デザインなど様々です。

透かし編み・飾り編みのパナマハット

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
VIENTO(ヴィエント)25,000(税込27,000)

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
ROSAS FN(ローサスFN)13,500(税込14,580)

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
GOLF KINGO V(ゴルフ KINGO V)14,000(税込15,120)

Pasha(パシャ)
MAGOS(メガス)12,500(税込13,500)

縒り合わせ編み

素材を寄りながら、石目編みを施す手法。Torcido(トルスィド)と呼ぶブランドもあります。 石目編みよりさらにざっくりと編みこまれ、涼し気な印象。素材を縒っているため、はりのある手触りで重量感があります。

【縒り合わせ編みの拡大写真】
2色の繊維を縒り合わせて編むことにより、色が混ざり合って独特の見え方になっています。

縒り合わせ編みのパナマハット

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
INDIANA(インディアナ)12,500(税込13,500)

Pasha(パシャ)
CREMA(クレマ)12,500(税込13,500)

柄編み

何色かの先染めした素材を編み込み、柄にする方法。チェック柄やグラデーション柄、ドット柄など個性的なパナマハットに仕上がります。

【柄編み編みの拡大写真】
4色の繊維を使ってチェック柄に編み込んでいます。職人が一つ一つ柄を編みこんでいく為、柄の出方が少しずつ異なり同じ商品は一つとしてありません。

柄編みのパナマハット

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
RITMO(リトモ)12,000(税込12,960)

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
ESTRELLA(エストレヤ)12,000(税込12,960)

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
MAREA(マレーア)25,000(税込27,000)

Homero Ortega(オメロ オルテガ)
DEL SOL(デルソル)14,000(税込15,120)

パナマハットの編み方の種類とその特徴をご紹介しました。パナマハットのご購入をお考えの方の参考になれば幸いです。

時谷堂百貨の「パナマハット専門館」では、国内最大級の品揃えで、あらゆるタイプのパナマハットをご紹介しております。こちらも合わせてご覧ください。