KNOXノックス

KNOX(ノックス)

KNOXノックスブランド紹介

KNOX(ノックス))

knoxの誕生はアメリカ・南北戦争時代の1838年。実にあの「リーバイス」が1853年に創業するその以前から存在する老舗のハットブランドです。今日数多くのブランドが存在する中で「KNOX」は、180年もの歴史を持つ「アメリカ最古のブランド」の一つと称されているほどです。
19世紀から長きに渡り大きな成功を収めたこの歴史的事実は、ブランド「KNOX」を語る上で特筆すべき点であると言えるのです。

KNOX(ノックス)

例えばあの「クリスチャン・ディオール」で1950年、「グッチ」でさえ1921年の創業とされています。名の知れたハットメーカー「ボルサリーノ」の誕生が1857年とされるので、それよりも歴史ある「老舗・ハットブランド」として、話題性に満ちた輝かしいブランド・ストーリーを語ることが出来るのです。

「KNOX」ハット・カンパニーは1838年、チャールズ・ノックスによってアメリカ南北戦争の前に設立されました。記念すべき第一号店はニューヨーク・マンハッタンのフルトン・ストリートにありました。美しく誠実な帽子づくりが評判を呼び「KNOX」の名は一躍有名なものとなりました。後に語り継がれる偉大なる帽子店「KNOX」ビルが五番街の40thストリートに建てられ、また当時「世界最大」と呼ばれたブルックリンの自社工場の建物は今も現存し、アメリカの歴史を物語っています。

KNOXノックスの歴史について

KNOX(ノックス)

1878年、チャールズ・ノックスは息子のエドワードMノックスに自らの会社を引き継がせました。エドワードは、父チャールズの夢を大きく実らせることになります。なぜなら19世紀後半は、高品質の帽子を扱う「KNOX」社にとって飛躍の時代となったからです。

それはレンガ職人であろうと金融界の大御所であろうと、帽子を被らないで家を出ることなどない時代。あらゆるシーンのために様々な帽子が存在し、紳士のクローゼットにはフォーマルなシルクトップハットからカジュアルなカンカン帽まで、目的に応じた帽子が使い分けられていたのです。それは人々が自分の帽子によって評価を受け、帽子が社会的地位や権力の象徴とされる時代だったのです。

かの16代大統領「リンカーン」、大富豪「ロックフェラー」、26代大統領「テディ・ルーズベルト」。実は彼らが愛用していた帽子こそが「KNOX」だったのです。「KNOX」は成功者の証であり、アメリカンドリームの象徴として君臨していました。こうして「KNOX」は上質を求める世界中のセレブリティー達に愛用され、輝かしい名声を得ることになったのです。